FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

客車に魅せられて

青い客車が好きでした、いや今も好きですが・・・

EF64-37原色白Hゴム化後水上単機試運転 

一昨年の秋に1001が原色化して暫く、2019年2月22日の今になってようやっと37が原色になり出場してきました
前回の時と違うのは最近は単機でも釜やロケーションが良ければ人が集まるようになった事
更には上記の影響を受けてか試運転のスジが随分前から出回っていました
因みに1001の時は明日あるかも?と言う知り合いの報告を受けて山を張って撮りに行った感じでした
その時は撮ってた人も殆ど居らず数名で独占してるようなものでした
まぁ数年で界隈のネタを取り巻く状況もがらりと変わったものですね

s_DSC_1767-01-1-1 (2)
@敷島~津久田
EF64-37

津久田で下車し歩いてツクシキSの先の築堤へ
山が見えていましたがご覧の通りモヤモヤだったので顔面をドカンと一発
光線は半面入る計算でしたが微妙にプレートの37の表記の部分にも当たってラッキー
いよいよ復活した原色64-0を目の当たりにして暫く放心状態でした 笑

s_DSC_1782-01-1-1.jpg
@津久田~敷島

津久田鉄橋で縦アンで撮ったらかっこいいんじゃないだろうかと思い行ってみましたが意外に背景がうるさくこちらへ
側面真っ黒ですが被写体に助けられてるのかこれでも普通にかっこいいなと!
これにて撮影を終了、EF64-1001原色化後水上試単の写真は2017年10月の欄からご覧ください

category: 試運転

CM: 0 TB: --   

バックショット 

s_DSC_6517-1.jpg
@青森~油川
急行はまなす

文章不要

category: 急行はまなす

CM: 0 TB: --   

夢へ出発 

s_DSC_0064-1.jpg
@函館本線 旧渡島大野駅より(現新函館北斗駅

s_DSC_0063-1.jpg
@函館本線 流山温泉駅
200系新幹線(撤去済み

確かに新幹線は北海道まで伸びた
自分は小さい頃から八戸延伸→新青森延伸→新函館北斗延伸と見てきているのでどれだけ凄いのかは理解していますし感慨深いです
しかし昔より北の大地の鉄路はつまらなくなったと感じてしまう今日この頃です
この当時旧渡島大野駅には新幹線の駅になるという雰囲気はありませんでした
流山温泉駅の200系は誘致が完全に完了し延伸が現実味を帯びてきた2013年のタイミングで撤去されたみたいです
新幹線と言う夢に向かって出発したばかりのJR北海道ですがSL運用縮小やブルトレ廃止など趣味面で見るとどこか浪漫が無くなったなと感じてしまいます...

category: 新幹線

CM: 0 TB: --   

引退詐欺 

s_DSC_1596-1.jpg
@ふじみ野駅
51092F TJライナー5号 ありがとうHM付き

ありがとう(今日引退するとは言ってない
と言った感じですが噂では明日で終わりとか?
運用カツカツなんでこうなるのも仕方ないらしいです
まぁお疲れ様でした51092F、川越特急塗装がどんな感じか楽しみですね

category: 大手私鉄

CM: 0 TB: --   

八高訓練 松久ストレート 

s_DSC_1577-1.jpg
@松久~児玉
八高訓練

寄りサイドなど構図の拘りは無かったので空いてる場所に陣取り
PMにやられることもなく澄み切った青空の元70名ほどの鉄に見送られて通過
正直往路の浅間山バックが最高すぎて個人的にはこっちはもはやおまけの様なものでした(
これを撮ったら撤収、風はあった物の春が近いからかとても暑い一日でした

category: 試運転

CM: 0 TB: --   

八高訓練 浅間山バック 

s_DSC_1557-1.jpg
@児玉~松久
八高訓練

今日はお知り合いにお誘いを受けて八高訓練の撮影へ
行きの電車の中で画像を漁っていると浅間山バックで八高線を撮れる場所があるよう
天気はいいしこれだ!と思い狙いを定めて松久で下車
ここは画面左に列車を寄せて右に浅間山を配置する構図が定番のようですが自分は左の冠雪した山も入れたかったので敢えて逆にするこの構図で撮影
若干の雲はあるものの中々の一枚になったかなと!
撮った後は勝利のガッツポーズ((
この後は返しの便の撮影地の松久定番へと移動

category: 試運転

CM: 0 TB: --   

特急しおさい1号 小岩駅 

s_DSC_1482-1-1 (1)
@小岩駅
特急しおさい1号

去年から気になっていたカットを撮りにようやく重い腰を上げて行ってきました
尚この後も撮影を午後まで続けましたが他は陰湿雲にやられ狙いのモノは撃沈
実はこれも曇るか晴れるかの瀬戸際でギリギリの勝利でした
全体的に見たら散々だったにせよ課題を一つクリアできて大変満足

category: その他

CM: 0 TB: --