FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

客車に魅せられて

青い客車が好きでした、いや今も好きですが・・・

EF81の日 

s_NIKON D7000108-1
@青森駅
あけぼの 定期ラストラン

「間もなく3番線から奥羽本線寝台特急列車あけぼの、上野行きが発車致します。ドアが閉まりますご注意ください」
皆さん青森おばさんの放送忘れかけてないでしょうか? 笑
あけぼののラストはねぶたの生演奏、はまなすのラストは津軽海峡冬景色でお見送りでしたね
はまなすの時は我慢できましたが何故かわからないけどあけぼののラストは現地でおいおい泣きましたね
EF81の日らしいので今日はこの写真で更新します('ω')ノ

category: ブルートレイン

CM: 0 TB: --   

梅雨です 

s_DSC_0156-01-1.jpg
@北上線
リバイバルおが

先日秋田で12系を使った急行おがが走りましたがこちらは2013年に走ったリバイバル団臨の方
この10月の3連休ネタがありすぎてとにかく全国中盛り上がっていました
常磐線では485系リバイバルひたち、北陸本線では475系リバイバル急行、仙山線では75の風っこ・・・
そんな中自分は秋田のネタのC61のSLとこれに的を絞り撮影に出かけました
北上線内は晴れたもののDE10の重連を期待していたら単機でかなりがっかりしました
後ろを振り向いて撮った一枚が綺麗でいつかブログに上げようと思っていたので今回はこの画像で更新します
さて関東は今梅雨真っただ中でどこに行っても曇りか雨、鉄意欲も必然的に無くなるってもんです
次の鉄は気が向いたときにでも・・・でも数週間の内にはすると思います
長々と文章のお付き合いありがとうございました。ではまた次の記事で

category: ブルートレイン

CM: 0 TB: --   

あの日タイムマシン 

s_DSC_6953.jpg
@ポッポの丘
展示24系車内

いすみ撮影の合間にポッポの丘へ
車の中で寝ていたら友達に24系の車内が公開されてるんだけどwと言われて慌てて上のJR車両展示広場へ急行
ポッポの丘にはDE10が先頭に繋がれてプルマン式A寝台1両と開放B寝台の車両1両の計2両の24系が展示されています
車両に上がる場所に簡易階段みたいなものもなく車内の電気も付いていないという状態でしたが本当に懐かしかった
僕が最後に24系に乗ったのはあけぼののラストラン近くでしたから実に4年ぶりに車内の様子を見る事ができました
電気がついていないにしろ保存状態が凄く良く車内の雰囲気は走ってた当時と全く変わらず
ブルートレイン日本海はこうしてポッポの丘で余生を過ごしています
数十年後には20系が僕ら世代に全く次元の違う古い車両に見えるようにそんな存在になってしまうのでしょうね
短い時間でしたが再会できてよかったです
まさに「あの日タイムマシン」でした。

category: ブルートレイン

CM: 0 TB: --   

ブルートレイン信州 

s_DSC_5912-1-1.jpg
@稲荷山~姨捨
ブルートレイン信州

2014年の夏、この年は今年2017年の夏のようにいつまでも梅雨が明けていないような日照不足が続いていました
そんな中天気も回復してきた9月の終わりに信州DCのフィナーレを飾る伝説的臨時列車ブルートレイン信州が走りました
この列車快速扱いで520円で乗れる事から指定席は即完売
また走行区間も長野~富士見という撮影名所が点在する区間をブルトレが走るという事で全国中の撮り鉄が長野に集結しました
自分たちは前日に関西でサロンカーなにわ使用の月見のおわら号をやり木曽の辺りを通り長野入り
途中その日に噴火した御嶽山の麓を通ってきましたが火山灰で視界不良で明日はウヤになるんじゃないかとか話していた記憶があります
姨捨公園に着くと場所は殆ど埋まっていましたが友達が無理やり脚立をねじ込んで場所を作りこれで大丈夫やろと
翌朝ちょっと気にしながら場所にゲバを置きに行くとまぁ無事セーフ
天気もこの日は一日晴れで往路の0番台先頭の方を超有名所姨捨公園で撮る事に成功!
この後は車からは降りて当時の信越山線を妙高号で下り夕方越後岩塚でT13編成の北越をやり新幹線で帰宅
この夏の終わりから冬にかけては自分の撮り鉄の歴史の中でも何もかもがよかった
ブルートレイン信州に始まりブルートレイン日本海縦貫線号や山スカの葬式からの年末のリバイバル富士・・・
某お知り合いと喫茶店で話しているといつもこの時期の話が出て懐かしみます
年始には臨時遅れぼのをやり2月3月には北陸新幹線開業によるJRダイヤ大改正と名列車の廃止ラッシュ
そしてここら辺から青森の24系が正式に休車になり動かなくなり北斗星トワイライトの臨時化
ブルートレインの歴史に幕が下りた時期でもありました
まぁ急行はまなすは翌年まで残るのですがそれで僕の中で鉄道趣味に一区切りついたのかなという感じはありました
ブログのタイトルにもある通り昔はブルトレ一番好きだったんです実は(最近見てくれてる人は知らないかな?
という訳で夏の終わりというとこの列車を思い出すので今日はこれで更新してみた次第です
次の鉄はいつになるかなぁ、晴れたら撮りたい列車は山ほどあるのですが当たり前のように晴れないのでね
次も過去画像で更新することになるかもですがまた次の記事でお会いしましょうではでは

category: ブルートレイン

CM: 0 TB: --   

秋田港の24系群 

s_DSC_3295-1.jpg

s_DSC_3292-1.jpg

s_DSC_3298-1.jpg

s_DSC_3290-1.jpg
@秋田港
24系

27日の朝男鹿線を撮影後に念願だった秋田港の放置24系を見に行くことができました
青森車特有の雨通りを顔の横に付けた車両が多いのが印象的でした
ここでこの24系がなぜ放置されているのかの説明をします
こいつらは去年あたりに元は外国に譲渡される予定で秋田港に集められました
しかし譲渡予定だった国にバックれられてそのまま2年近くここにいるという訳です
因みにもうこの車両はJR東日本の所有物では無いので再び戻すにはまた買い取るしかないとのこと
更には買い取ったとしてもバリアフリー法の制度により昔ながらのB寝台の車両が車籍を復活させるのは不可能
つまりどうしようもない状態という訳ですね
この状況数年以内に何かしら動きがあるのか・・・いつまでもここに置いておく訳にもいかないでしょうし
こうしてかつてのスーパースターも悲しい余生を送っています
また日本の鉄道で走っている姿を見たいものです
という事で遠征の撮影報告でした

category: ブルートレイン

CM: 0 TB: --